ちょっとまった!イオンカードの即日発行前のチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

即日発行できるクレジットカードのひとつとして知られる「イオンカード」。今回はそんなイオンカードがテーマです。イオンカードの申込みをしたいと思っている人は是非一度ご確認ください。

イオンカードは即日発行されないカード!?

まず始めに重大な事実として、イオンカードは厳密には即日発行できるクレジットカードではありません。「厳密には」という言葉を使ったのには理由があります。

実は即日発行されることはされるのですが、「仮カード」というものが発行されるのです。仮カードは本カードとは違い、様々な制限がかかってきます。いうなれば仮カードは本カードが届くまでの一時的なものなのです。ここではもう少し仮カードについて踏み込むことにしましょう。

ショッピング枠が少ない

仮カードにかかる制限の1つとして、ショッピング枠の少なさが挙げられます。その限度額は、メインカードとしては使えないような10万円という頼りない額です。まさにすぐにクレジット払いするためだけに作られたカードであると言えるでしょう。

利用できる場所が限定される

仮カードの最大の弱点は利用できる場所が大きく制限されているということです。何といっても、Visa、MasterCard、JCBといったブランドには一切対応していません。使えるのはあくまでもイオンの系列店のみです。

waonが使えない

イオンカードといえばwaonとの提携を思い浮かべる人がいるかと思いますが、仮カードの状態ではwaonの機能は使えません。waonポイントを獲得したいのであれば、本カードの到着を待ちましょう。

仮カードを即日発行する方法

さて弱点も多い仮カードですが、それでも即日発行できる貴重なカードであることには変わりありません。ここからは仮カードを即日発行する方法について見ていきましょう。

受取店舗の確認を怠らずに!

イオングループは日本の中でもかなり大きなグループです。そのため、カード受け取りの際に近くに全くイオンがないという事態はあまりないでしょう。しかし、受取店舗によっては即日発行に対応していない場合があります。前もって営業時間、即日発行対応の旨を調べておくことをおすすめします。

申込みはインターネットからしよう!

さて仮カードの発行に際し、直接店頭で申込みもできるのですが断然インターネットから申込んだほうがお得です。その理由は2つあります。

1つ目の理由は、審査時間に移動ができるということ。混雑の心配もありませんし、非常に無駄のない行動ができます。即日発行のために削れる時間は削っていきましょう。

2つめの理由は、申込みに関わるキャンペーンが店頭よりお得だということです。店頭申込みにおけるキャンペーンが1000円ほどなのに対し、インターネットによる申込みでは5000円ほどもらえます。よく店頭で「今申し込めば〇〇円キャッシュバック! 」を謳った広告を見るでしょうが、実はインターネットからの申込みの方がお得な場合がほとんどです。

本カードを早く受け取る方法

仮カードは確かに即日発行されますが弱点も多いです。本カードの受け取りまではおよそ1週間~2週間かかりますが、できるだけ早く受け取りたいですよね。そしてそのためには、スムーズに審査を通過することが必要です。ここからは審査のポイントについて見ていきましょう。

安定した収入を得ていること

安定した収入があることは審査に通過するための最低条件です。イオンカードはあくまでも大衆向けのカード。特別高い年収は必要とされません。それよりも毎月きちんとある程度の収入が入ってくることのほうがよほど大切です。

正確な情報を記入しよう

申込みの際には正確な情報を漏れなく記入するようにしましょう。下手に嘘をつくとかえって審査が混乱し、余計に時間がかかるかもしれないばかりか、審査に落ちる可能性があります。情報は正確に記入しましょう。

事故情報がないこと

事故情報とは返済の延滞、強制解約の記録、債務整理の記録のことを指し信用情報に記録されています。事故情報がある人の審査は通常よりも多くの時間を要します。事故情報があるということは「一度間違いを犯してしまった」ことと同じです。カード会社がより慎重になるのは自然なことでしょう。自分の信用情報が気になる方は、CICなどの信用情報機関で開示請求することをおすすめします。

まとめ

以上、この記事ではテーマをイオンカード1本に絞り深く掘り下げてきました。仮カードの弱点とにらめっこしながら申込むかどうか決めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加