支払いのコツ!ACマスターカードは一括払いで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACマスターカードとは、カードローンも扱う消費者金融のアコムが発行する、クレジットカードです。カードローン付きとショッピング専用の2種類から選ぶことができます。

申し込み資格は20~69歳で、安定収入があることが条件になり、正社員はもちろん、契約社員や派遣社員、自営業、パートやアルバイトの人でも申し込みが可能です。

また、即日発行が可能なクレジットカードになりますので、急にクレジットカードが必要になったという時でも助かります。今回はACマスターカードの支払いのコツについて解説します。

ACマスターカードの特徴

ACマスターカードの特徴は、年会費無料・即日発行が可能というところが大きなメリットです。年会費を気にすることなく、急な海外出張が発生し、クレジットカードが必要という時でも対応が可能になります。ショッピング枠は最高300万円、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた限度額は、最高800万円まで設定が可能になります。

年会費無料のカードで最高限度額が800万円はすごいですね。しかしクレジットカードの特典として多い、ポイントプログラムや旅行保険、ETCカードや家族カードと呼ばれるものはありません。カードローンやキャッシング機能を充実させているため、仕方のないところかも知れません。

年会費無料

入会金・年会費は無料になります。クレジットカードが初めての人でも、2枚目のサブとして考えている人でも、持っているだけでは料金がかからないのは助かります。

即日発行が可能

ACマスターカードはアコムのホームページ・むじんくん(無人契約機)・電話・店舗窓口・郵送で申し込むことができます。その中で一番おすすめなのは、むじんくんによる申し込みになります。なぜなら、ACマスターカード発行に対応したむじんくんにて契約することで、クレジットカードの即日発行が可能になるからです。ホームページ・電話・店舗窓口で申し込み、審査合格しても、即日カードを受け取るためには、むじんくんに行かなければならないからです。

むじんくんの営業時間は年中無休で8~22時になっており、全国に342か所あります。しかし、一部むじんくんは営業時間が異なるため、最寄りのむじんくんを調べてから行くようにしましょう。

安心の国際ブランド

ACマスターカードとの名の通り、国際ブランドはMasterCardになります。VISAに次ぐ、世界2位の決済会社であり、加盟店数は4000万店ほどあるとされています。これだけの加盟店があると利用できない国や地域はほとんどありません。

また海外で日本円を現地通貨に両替するより、このカードでキャッシングをした場合の方が、手数料が安くなるケースが多いです。国内はもちろんのこと、海外でも、ショッピングやキャッシングで困ることはほとんどない国際ブランドになります。

ACマスターカードの支払い方法はリボ払い

ACマスターカードはリボ払い専用カードになります。そのため、支払い時には10.0%~14.6%の金利手数料が発生します。

分割払いとリボ払いの違いって

分割払いもリボ払いも、複数回に分けて支払っていくものなので、似ていますが、異なります。似ているのですが、異なるのです。分割払いとは、利用額と金利手数料を何回かに分けて返済する方法で、返済回数を5回と設定すれば、毎月の返済額は、利用額と金利手数料を5分割した金額になります。

しかしリボ払いとは、利用額に関わらず、月々の返済額を一定にするものです。毎月の支払額を1万円と設定していれば、利用額は5万円でも10万円でも、月々の返済額は1万円です。ただし月々の返済は一定でも、利息は利用額全体に掛かります。

リボ払いの計算方法

リボ払いの金利手数料は、次の計算式によって出されます。

借入残高×借入利率÷365日×利用日数

例えば借入金額10万円、実質年率14.6%で30日借りた場合は
10万円×14.6%÷365日×30日=1200円
になり、金利手数料は1,200円になります。

翌月に3,000円返済すると、利息の1,200円にまず充てられ、1,800円が元本の返済に充てられます。翌月は
98,200円×14.6%÷365日×30日=1178円
になり、金利手数料は1,178円になります。

実質一括払いにすることも可能

ACマスターカードは一般的なクレジットカードと同じく、金利手数料0円の実質一括払いにすることも可能です。ACマスターカードは毎月20日締め、翌月6日払いになるのですが、支払日までに返済が完了していれば、リボ手数料はかからないのです。前月20日までの利用分を翌月6日までに、インターネットやATMで返済してしまえば、金利手数料が0円になります。

提携ATMだと利用手数料がかかるので、アコム自社ATMや店舗窓口、インターネットで返済するのがおすすめになります。特にインターネットは24時間、365日対応可能なので、一番おすすめです。

ご利用は計画的に

ACマスターカードの支払額は、毎月利用残高の3%以上を支払っていくことになります。例えば利用残高が10万円なら3,000円になります。毎月利用残高の3%を支払うだけではなかなか残高は減らず、完済まで長引き、金利手数料もたくさんかかってしまいます。ですので、むやみにカードを使わずに、また、返済に余裕ができた月は、できる限り多く返済し、早く利用残高を減らすように心がけましょう。

アコムのホームページで、最大3か月の利用履歴が確認できます。常日頃から利用履歴を確認して、「何にどれくらい利用しているのか」を把握して、ACマスターカードを計画的に利用するようにしましょう。

まとめ

急にクレジットカードが必要になった時には、おすすめなのがACマスターカードです。ただ、リボ払い専用カードになり金利手数料が高額なため、一般クレジットカードより注意が必要になります。

しかし、20日までの利用分を翌月6日までに全額支払えば、実質一括払いと同じで金利手数料はかからないですし、また、限度額も大きく、MasterCardブランドなので、海外に強いのが嬉しいですね。計画的に利用できれば、魅力的なクレジットカードになりますので、非常におすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加