在籍確認の有無は?ACマスターカードの申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACマスターカードを作るにあたって避けられない在籍確認。「アコムから電話がかかってくるのは嫌だな」と思う人もいるでしょう。

しかしアコムからするとこの在籍確認は非常に大事で避けられないものなのです。申込者のとっても避けて通れない在籍確認なので、どのようなものなのか知ってもらうために、簡単にまとめてみました。

在籍確認とは

クレジットカードの申し込みをした本人が、本当に申込書に記入した企業に勤めているのかどうかを確認することです。クレジットカードの申し込みでは、勤務先の在籍証明や収入証明の発行を求められないため、申込者が記入した内容で審査がおこなわれることになります。クレジットカードは、料金の後払いをしているだけで、お金を借りているのと同じ意味になるため、信用度が低い人にはお金を貸すわけにはいかないのです。

また中にはクレジットカードが欲しいために、虚偽の内容で申し込みをする人もいるため、申込書に記入された内容が正しいかどうかを判断するために在籍確認が必要なのです。

確認される内容

申込書に記入した企業に勤務しているかどうかを電話で確認されます。申込者本人が電話に出ることができれば、クレジットカード申し込みの意思確認、またクレジットカード会社によっては、住所や生年月日なども聞かれることもあります。

確認の連絡に出れなかったら

申込者本人が不在で別の者が電話に出た場合、その人の答え方によっては細かく聞かれることもあります。その人が「今はいない」と答えた場合、外出中なのか休日なのか、退職したのかがわかりません。そのため「何故今はいないのか」と聞かれることになります。

外出中であれば問題ありませんし、休日であれば次の出社予定日がわかれば問題はありません。具体的に電話に出ることができない理由がわかれば電話が切られ、在籍確認は終了します。

ACマスターカードの在籍確認

ACマスターカードは、カードローン付クレジットカードなので、審査もカードローン審査に準じておこなわれます。そのため申込者の勤務先への在籍確認もおこなわれることになります。

在籍確認がある場合と無い場合

ACマスターカードの在籍確認はおこなわれるのです。しかしさまざまな理由で、在籍確認が難しいケースもあります。その場合、アコムの担当者の判断次第で在籍確認を無くすことができます。在籍確認の代わりとして、社会保険証と直近1ヶ月分の給与明細を提出する、写真付きの社員証を提出する、雇用契約書の写しを提出するなどです。社会保険証と給与明細を提出すると、限度額にも関わってくることがあります。

これらの書類を提出すると、在籍確認をすること無くカードが発行されるケースがあります。しかし必ずしも審査に通るわけではなく、結果在籍確認をしないと審査合格と判断されない場合もありますし、カードが発行されても限度額が低いケースがあります。

どこにかかってくる?

申込書に記入した勤務先の電話番号にかかってきます。勤務先の電話番号が複数ある場合は、もっともつながりやすい電話番号を記入するようにします。アコムは、申込者のプライバシーを配慮して電話をかけるため、電話番号は非通知でかけますし、また申込者以外に社名や用件を知らせることはありません。

連絡のタイミング

ACマスターカードの申し込みをした段階で審査が始まりますが、その審査の順序は、まず申込者の個人情報や信用情報の確認、続いて自宅や携帯電話に本人確認の電話をかけることになります。そこで問題がないとわかった段階で、勤務先へ在籍確認の電話をかけることになります。

申込者が「先に在籍確認をして欲しい」と希望すれば、最初に在籍確認をすることがありますが、在籍確認の連絡のタイミングは、ほとんどが審査の終盤でおこなわれることになります。またアコムの担当者は、申込者に「今から勤務先に電話をかけますが、よろしいですか」と許可を得てから電話をかけますので、知らない間に勤務先に電話をかけられることはありません。

在籍確認で落ちる可能性

申し込み時に記入した勤務先を既に退職していた場合はもちろんのこと、産休や育休、病気などで休職している場合も審査に落ちる可能性があります。ACマスターカードの審査では、休職中・休暇中の人を無職扱いとするため、産休や育休、その他の理由で休職していることがわかれば、審査に落ちることがあります。

しかし、すぐに復帰することがわかっている場合、また休職や休暇の期間が1~2週間ぐらいの場合では、ほとんど問題はありません。

在籍確認の心得

在籍確認だからといって難しく考える必要はありません。難しいことを聞かれるわけでもないので、正々堂々としていれば問題はないのです。反対に在籍確認があるということは、カード発行が目の前まで来ているのです。そこまでの審査が通っているため、ここで信用を失うようなことはせず、正直に自分のことを伝えるようにしましょう。

嘘は絶対にダメ

どうしてもACマスターカードが欲しいため、嘘をつくケースがありますが、そのようなことは絶対にやめましょう。無職なのに働いているように見せかけてもすぐに嘘はばれます。嘘を知り合いに頼むと知り合いやその周りの人に迷惑がかかります。

またアリバイ会社を利用すると、信用がなくなってしまう上、最悪警察に通報されます。嘘は絶対につかないようにしましょう。

在籍確認までくれば、カード発行は目前!

アコムから勤務先に電話がかかってくるわけですから、気分が良いものではないと思います。しかし在籍確認がある時点で、審査は終盤を迎えているのです。ここをクリアできれば、カード発行に関してほとんど問題はありません。

まとめ

ACマスターカードの審査が在籍確認まで進むと落ちることはほとんどありません。また在籍確認で聞かれることも、申込書に記載した内容ぐらいで、嘘をつかず正直に伝えれば問題ありません。身構えず、ありのままを伝えるようにすればカード発行は間違いありませんので、難しく考えないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加