ACマスターカードのデメリットとそれをカバーする魅力について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ACマスターカードは三菱UFJフィナンシャル傘下のアコム発行の年会費無料のクレジットカードです。発行手数料ももちろん無料です。

消費者金融発行のクレジットカードのため、銀行や信販会社の発行するクレジットカードの審査が通らないといった方でも、とても柔軟に対応してくれます。定期的な収入さえあれば、主婦や学生の方でも発行可能です。

ちょっと待って!?申し込む前に確認

アコムACマスターカードは比較的審査が緩く、即日発行可能の便利なカードです。しかしながら、他の年会費無料クレジットカードと比べると、少しばかりデメリットも存在します。

キャッシングサービスを利用する際の利息は融資額により変動し、100万円未満の場合は最高で18.0%と高めになることがあります。

クレジットカードでありながらポイントがつかない事や、ETCカードが作れないといったデメリットもあります。

審査に注意

審査が柔軟だからと言って、誰でも通過できるわけではありません。既に過去6か月以内に申し込み、審査で落ちてしまっている場合は審査通過はかなり厳しいです。繰り返し申し込みをすると、社内でブラックリスト扱いになることもありますのでご注意ください。

銀行系や信販系のクレジットカードより審査は易しいと言われていますが、過去に遅延などの金融事故があると審査通過は厳しくなります。

ポイント還元や保険付帯サービスはありません

通常のクレジットカードでは利用金額に応じてポイントが溜まりますが、ACマスターカードではポイント還元のサービスには対応していません。利用のたびにリボルビング手数料がかかることからカードローンに近しいクレジットであるといえます。

また、通常のクレジットカードに自動付帯する海外旅行保険などのサービスは一切ありません。以前はロードサービスがついていましたが、現在は廃止されています。

ETCカードは作れません。

ACマスターカードはショッピングとキャッシングサービスに特化したカードなので、ETCカードサービスは付帯していません。ETCカード目的であれば、ACマスターカードは不向きと言えます。

支払いは基本的にリボルビングのみに限定される

ACマスターカードの支払方法は「リボルビング払い(リボ払い)」のみとなっています。これまで、クレジットカードを使ってこなかった人や、「一括払い」しか使ったことがない人であれば馴染みのない支払方法かと思います。

一言でいうと、「毎月一定額を払う」方法です。利用者は毎月の支払額を設定できます。買い物の量が月によって違っても、請求額は一定なので月々の負担を軽減できます。しかし、完済し終えるまで手数料が発生するため注意が必要です。
実は、この手数料を抑える方法があるので、次の章で解説いたします。

デメリットは使い方で補える

このように、ACマスターカードはデメリットばかりのように感じてしまうかもしれません。しかし、使い方次第ではとても有用なカードです。また、クレジットカードは自分のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

ポイントサービスよりも即日発行を重視

急な海外出張など、急いでいる時にはとても都合がいいカードです。スピーディーな審査はもちろんのこと、ACマスターカードの受け取り窓口「むじんくん」は、全国に350近くあります。これは即日でカードを受け取れる、エポスカードやセゾンカードの窓口よりも大変多い数となっています。申し込みを検討している方は、一度確認されてみると良いでしょう。
即日でなければ郵送で受け取ることも可能です。

リボ払いは使い方次第で手数料はかからない

リボ払いによる月々の支払いには手数料が発生すると説明しました。ショッピングの実質金利は10.0%~14.6%と、これはリボ手数料の中ではやや低めの設定のため、見方によってはお得とも言えます。

また、金利は2ヶ月(2回)目以降の支払い時に発生するので、初月に全額支払ってしまえば、手数料が発生することもありません。リボ払いに対する返済の増額は可能です。つまり、月々の返済額を5000円に設定していても、増額返済で行うことで、手数料を払わずに済むことができます。

限度額の大きさやキャッシングに魅力あり

ACマスターカードの上限額が300万円となっており、これは審査が緩いカードにしては破格の限度額です。カードローンも含めると最大800万円までが限度となっています。他のクレジットカードで限度額300万円と高額の設定になることはそれなりの年月が必要になります。年会費無料カードの中では最高クラスの限度額です。

最後に

ACマスターカードはスピーディで柔軟な審査と、ショッピング枠とキャッシング枠を含め最高800万円と、とても高めの融資枠を設けてくれる特別なクレジットカードです。300万円以上の限度額は他社の年会費が必要なゴールドカードに匹敵する額です。

デメリットは見方を変えれば、メリットになり得ます。是非他のクレジットカードとも比較してACマスターカードの特長をつかんでください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加