ACマスターカードでETCカードは作成できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード発行の際に気なる点として、ETCカードサービスの有無が挙げられると思います。ETCカードのためにクレジットカードを発行。

もしくは明日ETCカードが利用できるように、クレジットカードの申し込みをしたいと考えている人がいるかもしれません。
果たしてACマスターカードはETCサービスに対応しているのでしょうか。

ACマスターカードではETCカードは発行できません。

ACマスターカードはクレジットカードとしての最低限のサービスだけを持っています。

残念ながら、ポイント還元や各種保険付帯と同様に、ETCカード自体の発行を行っていません。

ACマスターカードはキャッシングがメイン。

クレジットカードではありますが発行会社が消費者金融であるアコムのため、キャッシングカードとしての特色が強いです。

ショッピング機能のみのACマスターカードも存在しますが発行されることは稀です。

ACマスターカードでは家族カードも取り扱いなし

上記の通り、キャッシングがメインのクレジットカードのため家族カードの発行は行っていません。

発行が早いETCカード発行可能なクレジット五選

ACアコムマスターカードほど審査は柔軟ではないですが、お勧め年会費無料クレジットカードをご紹介します。

基本的に発行は早いカード会社をご紹介しますが、多重申し込みなどは控えましょう。

ライフカード

  • 最短3営業で発行できて年会費無料
  • ETCカードは永年無料、1,2週間で発行
  • 家族カード永年無料
  • ポイント還元も充実
  • 一般カードは利息は18.0%でキャッシングサービス有り
  • カードブランドはJCB、マスターカード、VISAの3種類から選べる
  • ポイントはマイルや電子マネーなどにも移行可能
  • 加盟している情報信用機関はCICとJICCです

セゾンカードインターナショナル

  • 最短即日発行可能で年会費永年無料
  • ETCカードは永年無料、1~3営業日発送
  • 家族カードは永年無料(4枚まで)
  • セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する方にお勧めのカード
  • 限度額は50万円と低めだが、利息18.0%でキャッシングサービス有り
  • カードブランドはJCB、マスターカード、VISAの3種類から選べる
  • セゾン永久不滅ポイントは無期限。巨大ネットモール「永久不滅.com」で利用可能
  • CICとJICCに加盟しているが、全銀協とも提携を結んでいる

VIASOカード

  • 最短翌営業日発行で年会費無料
  • ETCカードの発行手数料が1080円で年会費無料、1~3週間で発行
  • 家族カードは永年無料
  • ショッピング限度額は100万円でキャッシングが50万円
  • カードブランドはマスターカードのみ
  • CICとJICCに加盟しているが、全銀協とも提携を結んでいる
  • 海外旅行保険、ショッピングプロテクション自動付帯

クレジットカード発行が厳しい人にはETCパーソナルカード!

クレジットカードは審査が若干厳しいのが実際です。そんな方にはETCパーソナルカードという強い味方があります。

ETCパーソナルカードとはなにか。

有料道路の支払いのみに限定したETCカードです。審査はなく、クレジットカードが作れない人でも気軽に持てるカードです。

ETCパーソナルカードはデポジット方式。

月の平均利用額の四倍の額をデポジットとして預託することで、ETCカードの利用が可能になります。
申し込み後デポジットをし、それを担保にして実際の通行料金をゆうちょ銀行か銀行等の貯金口座や預金口座から1ヶ月単位で引き落しとなります。

ETCパーソナルカードにもメリットとデメリットがあります。

まず大きなメリットとしては審査が必要ないということです。クレジットカードがなくても有料道路をスイスイ進むことができます。料金所の混雑からの解放は大きなメリットかと思います。

デメリットとしては預託金が少々高いことです。毎日のように有料道路を使う方からすれば、月平均の四倍の預託が必要になるというのは大きなデメリットであるといえます。
また、利用状況によってはデポジット額の増額を申請されることがあります。

 

利用停止になる場合もあり、要件はこちらです。

  • 支払いの済んでいない利用金額の合計が預託いただいたデポジットの80%を超える場合
  • ご利用金額のお支払いがない場合
  • デポジットの増額に応じていただけない場合
  • デポジット2万円のお客様で、口座振替によるデポジット増額ができない場合

簡単にまとめますと、
ちゃんと支払いをしてください
月の平均利用料金が上がったらデポジットも増やしてください
ということになります。

 

最後に

発行が早く、年会費無料でETCカードも無料のクレジット会社はあまり多くありません。ACアコムマスターカードなどの審査が柔軟なクレジットカードで、クレジットヒストリーを積むのも1つの手かと思います。

債務整理や自己破産、金融事故を起こしてしまっている場合は信用情報機関の登録情報が消えるまで、基本的に審査通過はかなり厳しいのが実際です。
まずは事故情報の解消をすることが前提になります。

クレジットカードは個人の信用をはかる、ものさしのようなものです。
延滞などないように、よいクレジットライフを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加